『女性参画拡大を科学する』のご案内

NSF&JST サイエンスアゴラ2015参画企画のご案内です。

NSF&JST サイエンスアゴラ2015参画企画 
日米フォーラム

『女性参画拡大を科学する』のご案内
 
JSTでは毎年秋にサイエンスアゴラという科学と社会をつなぐ催しを開催しております。
このサイエンスアゴラも10周年を迎え、今年は「つくろう、科学とともにある社会」と題して東京お台場地域にて11月13~15日の三日間にわたって開催致します。

このサイエンスアゴラにて、JSTは米国国立科学財団(NSF)と共同でフォーラムを開催致します。
米国からNSFの研究者二人を、日本からは青木玲子・九州大学副学長他を招き、講演およびパネルディスカッションを行います。
科学技術分野への女性参画は如何にして拡大できるか、女性の参画によって何が期待されるかについて、多様な立場からエビデンスをもとに考察していきます。

              記

女性参画拡大を科学する ~科学技術における多様な人材の参加~

開催日:2015年11月13日(金)10:30~13:00
会 場:日本科学未来館 7階 未来館ホール
参 加:無料 ⇒ 参加登録URL:  https://form.jst.go.jp/
登壇者:Kellina Craig-Henderson, Ph.D.  NSF 社会科学局 副局長
      Cheryl Kaiser, Ph.D.  ワシントン大学心理学准教授
      Chad Forbes, Ph.D.  デラウェア大学社会心理学助教
      青木 玲子 九州大学 理事・副学長(国際、知的財産、男女共同参画担当)
      矢尾 育子 浜松医科大学 メディカルフォトニクス研究センター准教授
      高橋 修一郎 株式会社リバネス 代表取締役社長 COO
      甲田 彰 JST 理事
      渡辺 美代子 JST 副理事(ダイバーシティ推進室長)
主 催:科学技術振興機構(JST)、米国国立科学財団(NSF)

詳しくは以下のリンクをご覧ください。
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/ab_104/

Follow me!